トップページへ

Case Study

鳥貴族

(飲食/企業)

CD : Bo 
AD : Bo / S.Suzuki 
D : S.Suzuki / H.Higuchi / Boneメンバー

298円均一の焼鳥居酒屋「鳥貴族」のブランド。「焼鳥屋で世の中を明るくする。」という想いのもと2000店舗へ向けたブランドプロジェクトの一員として関わる。
鳥貴族の活気や均一という面白さ、全品国産へのこだわりや各店舗内での串打ちという強みを訴求していくため店舗を含めた看板、キャラクター、WEB、SNSなどのお客様とのブランドコミュニケーションツールを統括し、鳥貴族らしさを構築。ブランドの歴史と共に成長させてもらった想い入れの強いブランド。

Start

焼鳥屋で世の中を明るくしたい

Vision

店舗数2000店舗達成し、飲食店の社会的地位向上を目指す

若者が入りづらかった昔ながらの赤提灯の焼鳥屋のイメージを若者にも焼鳥の美味しさを訴求し、気軽に立ち寄れる焼鳥チェーン店としてのブランド構築をしていく。

ブランド構築の
ポイント

  • コアターゲット(若者)への訴求(キャラ/SNS/WEB)
  • 298円均一の感動
  • 焼鳥居酒屋としての展開

Brand Concept

298円均一の感動を味わえ
焼鳥屋で世の中を明るくする
ブランド展開

Output